Sota Blog 知識&経験ゼロから始める仮想通貨投資

NFTのバーン(Burn)とは?やり方、メリットを徹底解説

NFT


 

この記事の内容

  • NFTのバーン(Burn)とは?
  • NFTをバーン(Burn)する理由
  • NFTをバーン(Burn)するやり方・方法

今回は、NFTのバーンについて解説しました。

結論からいうと、バーンとはいらないNFTを削除することです。

NFTのバーン(Burn)とは?

NFTのバーン(Burn)とは、NFTを燃やして削除することです。

Burnは英語で「燃やす」という意味なので、そのまんまですね。燃やすといっても実際に火を使うわけではなく、簡単なクリック作業ですぐにできるものです。

バーンしたNFTは二度と戻らなくなるので、お気に入りの作品を削除してしまわないように、十分注意してください!

NFTをバーン(Burn)する理由

NFTをバーンする理由は以下の3つです。

  • 不要なNFTを削除したい
  • 供給量を減らして希少価値を上げる
  • 新キャラと交換できる

①:不要なNFTを削除したい

OpenSeaを使っていると、よくわからない海外のNFTが勝手に送られてきたりしませんか?

せっかく自分だけのお気に入りコレクションを集めているのに、邪魔になるんですよね。

3日ぐらい放っておけば勝手になくなりますが、バーンすることで一瞬で削除できます。

クリエイターさんの場合は、「作ったけど全然売れなくて恥ずかしい…」っていうNFTもこっそり削除できますよw

②:NFTの数を減らして、コレクション価値を上げる

2つ目の理由は、NFTの数を減らして、コレクションの価値を上げることです。

NFTは需要と供給で価格が決定するので、供給量が少ないと価格が高くなりやすいです。

例えば、1,0000体のコレクションのうち1,000体をバーンして、価格を向上させるといった手法。

自分が持っているNFTを勝手にバーンされたりすることはないので安心してください。基本的には運営側がバーンの希望者を募集してから行われます。

③:新キャラと交換できる

NFTをバーンする代わりに、新キャラと交換できるコレクションもあります。

代日本屈指のNFTプロジェクト「CNP」のバー忍制度が分かりやすい例かと。

数が限定されることで、不人気キャラが人気になるかもしれません。

NFTをバーン(Burn)するやり方・方法

それでは、前置きが長くなりましたが、NFTをバーンする方法について解説します。

バーンする方法はめちゃくちゃ簡単。

BurnAddress(バーンアドレス)にNFTを送る(Transfer)だけ!

実際に見ていきましょう。

まずは、OpenSeaにログインします。

▼不要なNFTを選択してください

▼右上の飛行機ボタン(Transfer)を選択

▼バーンアドレスを入力して、Transferをクリック

バーンアドレス:0x000000000000000000000000000000000000dead

メタマスクで取引を承認したら完了です。余裕でしたね。

NFTのバーン(Burn)に関するQ&A

最後に、バーンに関するよくある質問です。

バーン(Burn)は無料でできる?

ポリゴンのNFTは無料でバーンできます。イーサリアムチェーンのNFTをバーンアドレスにに送る際は、ガス代がかかります。

バーン(Burn)できない場合は?

以下の2点を確認してみましょう。

  • バーンアドレスが間違っていないか
  • メタマスクの承認ができているか

特にバーンアドレスは長いのでコピペすることをおすすめします。

まとめ:NFTのバーン(Burn)とは?やり方、メリットを徹底解説

というわけで、今回はNFTのバーン(Burn)の意味とやり方、メリットについて解説しました。

NFTをやっていると、分からない単語がたくさん出てくると思います。一度理解してしまえば、そこまで難しい内容ではないはず。

実際に行動しながら学習しつつ、NFT]の世界を楽しみましょう。

それでは。